ユーザー目線のサプリメント選び・評価TOP > コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミン > ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠について

 

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠




ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠@


 コンドロイチンについて、かなり悪い評価をしてきましたが、
それは売り方に疑問を持ったためで、
正しく使用すれば、かなりな効果があると感じています。

 実際に、父は、ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠
を愛用しています。


ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠A


 父は、長年ヘルニアの痛みに悩まされてきました。

 ヘルニアとは、脊椎の軟骨が飛び出て、神経や筋肉に接触し、
炎症を起こした場合、尋常なならざる痛みが出る病です。
完治させるには、飛び出た軟骨を手術で切り取るしかないのですが、
父は高齢のため、手術が出来ません。

 痛みが出なければ、全く普通の状態ですが、
医療機関では、この状態を保つ薬剤は処方できません。

 医療機関では、痛みを抑える薬は出せても、
痛みを出さない薬は出せないのです。
痛みが治まれば、医薬品の服用は、ストップされます。


 そこで、父は、色々と考えて、
ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠
を選びました。
コンドロイチンは、副作用もほとんど無く、軽い炎症の段階で、
おだやかに炎症を鎮めてくれるそうです。

 ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠
を選んだのは、
コンドロイチンの元祖であることと、
コンドロイチン以外の成分が入っていないため、
副作用の危険性が、ほとんど無いためです。

 個人の使用なので、比較実験などは出来ませんが、
父は5年以上、痛みが出ていません。
以前は、1〜2年に1度、夜も寝られない痛みが出て、
酷い時は、入院したほどですので、
父に関しては、かなり効果があると考えています。


 ヒザ関節についても、コンドロイチンは同じ様に使えば、
かなり効果的だと思います。

 まずは、医師に相談し、出来るかぎり、痛みを無くす治療を行います。
そのあとで、痛みを「予防」するために、
コンドロイチンを使えば良いと考えます。

 ただし、コンドロイチンは、あくまで、「痛みを予防」するためで、
治療ではありません。
医療機関での治療は、並行して行わなければならないと考えます。

 恐らく、皆さんは誤解していると思いますが、
痛みを抑えるのは、医薬品の仕事です。

 痛みがある場合は、速やかに医療機関で治療をすべきと考えます。

 一方、サプリメントの利点は、毎日飲んでも、副作用が無く、
痛みを未然に防ぐことだと考えます。

 コンドロイチン・グルコサミンのCMに騙されてはいけない
と思います。

 普通に考えれば分かるのですが、
ヒザが痛い人が、すぐにスキップ出来るほど回復することは、
絶対にありません!

ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠


       だ〜れも知らない情報商材の世界♪



コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミン記事一覧

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの評価

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンを調べた結論です  ・主に、膝関節に効果があると言われてるサプリメントです。  ・色々と調べましたが、「軟骨成分を増やす」効果...

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠  コンドロイチンについて、かなり悪い評価をしてきましたが、それは売り方に疑問を持ったためで、正しく使用すれば、かな...