ユーザー目線のサプリメント選び・評価TOP > コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミン > コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの評価

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの評価

 

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンを調べた結論です

  ・主に、膝関節に効果があると言われてるサプリメントです。
  ・色々と調べましたが、「軟骨成分を増やす」効果は、
   限りなくゼロだと感じました。
   「痛みを抑える」効果はあるみたいです。
  ・「膝の痛みが軽くなった」ことを、「関節の軟骨成分が増えた」と
    勘違いして使ってると、イザ病院へ行った時には、手遅れになります。
  ・ある意味、とても危険なサプリメントです。
  ・総合評価は、”×”としました。

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの詳細

まず始めに、これらの体内での働きを中心に調べてみました。
(注)サプリメントとして飲んで、効くとは限りません)

1.コンドロイチン

1)コンドロイチンとは?


 コンドロイチンは、正式には『コンドロイチン硫酸』と言われています。
ムコ多糖と呼ばれる糖の一種です。

 ムコ多糖とは、多くの糖から構成された物質で、
個々の細胞に対して酸素や栄養を運んだり、老廃物を排出させたり、
体内の水分を蓄えようとする働きがあります。
体内で合成されますが、年齢とともに、少なくなります。

 サプリメントのコンドロイチンは、動物の軟骨から作られますが、
どの動物から作られるかによって種類が異なります。
 牛や豚などの軟骨からは、コンドロイチン4硫酸(コンドロイチン硫酸A)
が作られます。
 鮫の軟骨からは、コンドロイチン6硫酸(コンドロイチン硫酸C)が作られます。

2)コンドロイチンの働き


 細菌による感染防止による炎症抑止作用があります。
 解毒作用、老化防止作用があります。
 肌の若返りと健康促進に多岐にわたって、作用します。
 変形性関節症に効果があると言われますが、
消炎作用による痛み止めの効果があるとのことで、その効果は、
グルコサミンよりも低いです。

2.プロテオグリカン


1)プロテオグリカンとは?


 プロテオグリカンとは、コアタンパク質にグルコサミノグリカン
(コンドロイチン硫酸など)が結合した糖タンパク質です。
 コラーゲンやヒアルロン酸とともに細胞外マトリックス
(細胞と細胞を結びつける物)を作り、身体組織を維持します。
 プロテオグリカンは、皮膚や軟骨に多く含まれる成分で
主に水分保持等の役割を担い、粘性や弾性を保ちます。

 サプリメントのプロテオグリカンは、鮭の鼻軟骨という部分から抽出されます。
この、鮭の頭の部分は、今までは捨ててしまっていたものです。

2)プロテオグリカンの働き


 プロテオグリカンは、大量の水と結合して、皮膚や軟骨等の臓器組織を
クッションの様に保護します。

3.グルコサミン


1)グルコサミンとは?


 グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」のひとつで、
皮膚・軟骨や、爪、靭帯(じんたい)、心臓弁などの構成要素となっています。
 細胞や組織を結びあわせる役割を担っています。

 サプリメントのグルコサミンは、動物の皮膚や軟骨、甲殻類(エビやカニなど)
の殻から抽出されます。
 また、穀物を発酵して作る、発酵グルコサミンもあります。
N-アセチル グルコサミンは、体内のグルコサミンと同じ形態をしてるそうです。

2)グルコサミンの働き


 グルコサミンには、すり減った軟骨を補修したり
新たに作り出すような効能はなく、
痛みの元となっている関節組織の炎症を抑える効果によって
痛みを緩和しています。

 また、プロテオグリカンの生成材料になるのがグルコサミンです。
ただし、痛み止めとしては、かなり効果があるようですので、
割り切って使い、それと並行して医療機関を受診すれば、効果的かもしれません。

4.コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの関連は?


 ・どうやら、これらのサプリメントは関連がありそうなので、調べてみました。

1)それぞれの関連性について


  ・グルコサミンはプロテオグリカンを作る成分です。
  ・プロテオグリカンは、軟骨のクッションの役目をする物質です。
  ・コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在し、
   クッションの中の、衝撃を吸収する水分(軟骨液)にあたる物質です。

2)結局、何が一番大事なのか?


  ・調べると、結局は、グルコサミンの痛みを緩和する効能が
   強い気がしてきました。

5.コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンは、吸収されるのか?


  ・飲んで、効果があるのかどうかを調べてみました。
 

1)コンドロイチン


  ・コンドロイチンは、ムコ多糖と呼ばれる糖の一種で、分子量が大きいため、
   そのままでは吸収されず、もっと小さなアミノ酸や糖に分解されて
   吸収されると考えられます。
   ただし、乳糖分解酵素が無い人または少ない人では
   消化されずに体外に排出されます。

※どうやら、コンドロイチンは、そのままの形では、吸収されなそうです。

 

2)プロテオグリカン


  ・プロテオグリカンは、糖タンパク質です。これも、分子量が大きいため、
   そのままでは吸収されず、もっと小さなアミノ酸や糖に分解されて
   吸収されると考えられます。

※プロテオグリカンも、吸収は難しそうです。

 

3)グルコサミン


  ・グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついた「アミノ糖」のひとつです。
   分子量は、比較的小さいですが、医学常識では、
   ビタミン類やDHAなどごく一部の成分以外の成分は、
   分解されて吸収されると考えられています。

※どうやら、医学の常識では、グルコサミンも吸収されそうにありません。
 N-アセチルグルコサミンなら、そのまま吸収されると書かれた文章も
 ありましたが、これも怪しく感じます。

6.結局どうなのか?


 ・医薬品として認定されてるのは、コンドロイチンだけです。
  つまり、グルコサミンやプロテオグリカンは、
  医学的に承認されていないも同じです。

 ・ここで疑問になるのが、
  何で、コンドロイチンだけが薬として認定されたのか?です。
  これについて、興味深いのが、ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠です。
  これは、コンドロイチンだけで医薬品として認定されています。
  しかし、発売日を調べると・・・1964年!う〜ん、50年前だから、
  新薬として承認されたのか?
  他のコンドロイチンを含む薬は、ビタミンとかをブレンドしています。
  私の考えでは、コンドロイチンの、痛みを抑える効果で、
  医薬品の認定を通したのだと考えています。

 ・結論としては、コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンが
  軟骨の成分として、関節に届く確率は、限りなくゼロだと考えます。

  医学的には、軟骨などの血管が通っていない組織には、
  口から摂取した成分は浸透しないため、
  一度壊れた組織は再生しないというのが定説となっています。

  また、効果があるとしても、痛みの緩和のみで、たとえ医薬品でも、
  「軟骨成分を増やす」とは、一言も書いてません!
  ただし、体のしくみは複雑で、現代の医学常識では、計り知れない方法で
  吸収される可能性は否定できませんが・・・

 ・決定的なことは、例えば、良く効く「増毛剤」が開発されたとしても、
  それを飲んで、頭の毛がフサフサになるとは限らないと言うことです。
  腋毛や髭がフサフサになるかもしれません。
  また、アソコの毛がフサフサになることもあるでしょう(笑)。

  要するに、もし、吸収されたとしても、膝や幹部に届く確立は、
  非常に少ないと考えるのが普通だと思います。

 ・信じる者は救われるのでしょうが、私は信心が足りないので、
  恐らく、これらのサプリメントは使わないと思います。
  「単なる痛み止め」として、痛み止めの効果が高いと言われる
  グルコサミンを、割り切って使うのは、かまわないと思います。

※私なら、どうするか?


・ヒザに痛みを覚えたら、私ならば、どうすれば良いのかを考えてみました。

1.特に、ぶつけたりしていなかったら、まずは整形外科を受診します。


  私の年齢では、「変形性膝関節症」の疑いが強いので、
  近くの整形外科を受診します。

  

1)受診前の準備


    ・問診用に、次のことをメモっておきます。
     医師の判断を正確にするためです。

     @いつから痛むか?
       2〜3日前からとか・・・

     Aどのあたりが痛むか?
       ヒザ関節の右側とか・・・

     Bどんな時に痛むか?
       立ち上がる時とか・・・

     Cどんな痛みか?
       にぶい痛みとか・・・

     D痛み以外の症状、気になること
       関節がゴリゴリする感じがするとか・・・

     E普段の生活について
       立ってる姿勢が長いとか・・・

  

2)実際の治療について


    ・検査方法や治療方法はさまざまですが、
     主に痛みをおさえる治療になります。
    ・手術以外でも、薬物療法・装具療法(そうぐりょうほう)・温熱療法・
     運動療法と、さまざまな治療法があるので、安心して受診できますよ!
    ・最も最悪なのは、
     ガマンして手術しか手段が無くなってから受診することです。

  

3)普段の生活で気をつけることは?


    ・次の動作は、ヒザ関節に無理をかけるので、つつしみます。

     @正座、立て膝、和式トイレでしゃがみ込む姿勢など、
      膝を深く曲げた状態でいること。

     A下り坂や階段を急いで上り下りする。

     B急な動作や、ヒザをひねる動きをする。

     C靴底が硬かったり、底が斜めの靴を履く。

     Dヒザを伸ばさないで、猫背で歩く。

     E重い荷物を持ったり、いつも同じ方に荷物を持つ。

  

4)運動について


    ・激しい運動は禁止ですが、次の様な運動は筋肉量を増やし、
     ヒザを衝撃から守るために推奨されています。

     @平地を、軽くお散歩をする。
     Aプールで歩く。(体重がヒザにかからないため、負担が少ない)
     B体操をする。
      ・整形外科の先生に相談してみてください。色々な体操があります。

2.装具療法(そうぐりょうほう)について


ZAMST(ザムスト)EK−5   ・私が特に興味を持ったのが、装具療法(そうぐりょうほう)です。
   気をつけていても、実際はヒザに負担をかけてしまうと思います。
   装具(サポーター)を付ければ、ヒザへの負担は、かなり減らせそうです。
  ・そこで、実際に効果が高そうなサポーターを選んでみました。
  ・色々なサポーターが販売されていますが、私が購入するとしたら、
   この機種を選びます。サプリメントと違い、すぐに効果が体感できるので、
   購入者の口コミを参考にしました。

 メーカーのZAMST(ザムスト)は、整形外科向け製品を40年にわたり
開発・製造する日本シグマックス株式会社が1993年に設立した、
スポーツ向けサポート・ケア製品のブランドです。

 このため、他のメーカーと違い、医療知識をベースに、
運動や通常の使い勝手に配慮したサポーターであることが期待できます。
アスリートの方以外に、ヒザの具合が悪い多くの方が購入しています。

1)ZAMST(ザムスト)EK−5

 ・ZAMSTの中でも、ヒザの左右のグラツキを抑えるために開発された
  サポーターです。

   もともとは、スポーツ用ですが、それだけに通気性・フィット感・品質は、
  純粋な医療用より優れていると思います。

   左右のグラツキを抑制する、両サイドに埋め込まれた樹脂ステーは、
  かなりしっかりしたものが使われています。

   私は、愛犬とのお散歩が大好きなので、
  恐らく、このサポーターを選ぶと思います。

 ・サイズの選び方

   普通に立った状態でヒザのお皿の中心から10cm上の太ももの太さに
  合わせて(値がさかいになった場合は大きい方のサイズを)
  サイズを選びます。
   ただし、Sサイズは小さめな様なので、
  必ずひとつ上のサイズを選んでください。

   私が買うとしたら、適正サイズで計り、そのサイズが範囲の上部だったら、
  ひとつ上のサイズを選びます。

  ※ちなみに、現在の私のサイズは、右:41Cm、左:41Cmでした。
   すると、サイズは、Mの範囲で、余裕がありそうなので、
   Mだと思います。
   もし、43Cmだったら、Lにします。
   左右の太さが違う方もいるので、必ず両足のサイズを測ります。

サイズ  太ももの太さ(cm)  品番
S    36〜40        372001
M    40〜44        372002
L    44〜48        372003
LL   48〜52        372004

 ※私のヒザは、現在は正常ですが、数年先に自分が使うことを想定して
  選びました。

  価格は、片方の値段が3800円です。
 2セット(両ヒザ用)で7600円になります。
  いつの日か、購入することを考えて、
 品番からアマゾンにリンクを張りました。



※一応、サプリメントの成分を調べました。痛み止めとして、
 割り切って使う方は、その他の成分も考慮し、ご参考にして下さい。
 痛み止めとしての効果は、グルコサミンが強いと考えます。

1)コンドロイチン


各商品の成分一覧 @ A B C D E F G H
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 1560mg 800mg 800mg 800mg 800mg 900mg 900mg 900mg 900mg
ビタミンB1 30mg 30mg 30mg 100mg 100mg 138.3mg 50mg
ビタミンB6 20mg 20mg 20mg
ビタミンB12 60μg 60μg 60μg 1.5mg 60μg 60μg
ビタミンE 50mg 30mg 10mg 50mg 50mg
ボウイ乾燥エキス 240mg
アスパラギン酸カリウム・マグネシウム等量混合物 200mg 200mg 200mg
1日の摂取量(粒数) 6 9 9 6 6 6 6 6 6
価格(1ヶ月分) 4,633 2,091 3,180 3,877 4,091 2,954 6,270 3,311 4,488
医薬品の分類 第3類 第3類 第3類 第2類 第3類 第3類 第3類 第3類 第3類


※成分の説明(概要です。)

1)ビタミンB群
・炭水化物( 糖質)を体内でエネルギーへと変換する役割を持った
 「補酵素」です。
 感覚的に、疲れが取れ、体が軽くなる効果があるかもしれません。

2)ビタミンE
・活性酸素による体の酸化を防ぐ効果(抗酸化作用)があり、 このため、
 関節の酸化・劣化を抑える効果があるかもしれません。

5)ボウイ乾燥エキス
・痛みや炎症を抑える 効果があります。
 ただし、軟骨成分を増やす効果は無いので、勘違いは危険です。

6)アスパラギン酸カリウム・マグネシウム等量混合物
・疲労回復の効果があります。ビタミンB群と同様に、感覚的に、疲れが取れ、
 体が軽くなる効果があるかもしれません。

※ビタミンについて
 ・ビタミンは、実際は各社で異なる「誘導体」の形で混合されていますが、
  ここでは単にビタミンxxと表記しました。

   例)
     ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)
     フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)
     ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
     シアノコバラミン(ビタミン.B12)
     トコフェロール酸エステル(ビタミン.E)等


<各サプリメントです>

@ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠

AコンドロパワーEX錠

BフレックスパワーEX錠

Cキューピーコーワ コンドロイザー

Dアクテージ AN錠

EアリナロングZXコンドロ錠

FユンケルB12アクティブα

Gノイビタ コンドロ錠

HコンドロビーEX


※各商品の評価は、控えさせていただきます。


2)グルコサミン


各商品の成分一覧 @ A B C D E F G H
グルコサミン 1200mg 1200mg 1760mg 1500mg 1200mg 1500mg
N-アセチル グルコサミン 500mg 1000mg
発酵グルコサミン 1000mg
コンドロイチン 125mg 1100mg
サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・U型コラーゲン含有) 300mg 300mg 440mg 125mg
コラーゲン(ゼラチン由来) 26mg 100mg
コラーゲンペプチド 20mg
ヒアルロン酸 4mg
MSM(メチルスルフォニルメタン) 500mg
プロテオグリカン 1000μg
ビタミンD 5μg
ビタミンC 20mg
ケルセチン配糖体 90mg
イミダゾールペプチド 10mg
デビルズクローエキス 132mg 150〜200mg
結晶セルロース 140mg
ステアリン酸カルシウム 21mg
ボスウェリア抽出物 100mg
生姜末 100mg
1日の摂取量(粒数) 6 8 7 1(包) 9 6 4 10 8
価格(1ヶ月分) 5,314 4,100 2,547 4,500 4,000 1,200 5,184 2,460 4,570

※成分の説明(概要です。)

1)グルコサミンの種類について
  ・グルコサミンには、次の3種類があります。
    @グルコサミン
      ・一般的なグルコサミンで、エビ・カニのキチン質を
       塩酸で加水分解して、精製して作ります。
       グルコサミン塩酸塩、グルコサミン硫酸塩ともいいます。

    AN-アセチル グルコサミン
      ・エビ・カニのキチン質を酵素でゆっくりと分解して抽出したもの。
       分子が非常に小さいとのことです。

    B発酵グルコサミン
      ・植物由来のグルコサミンを原料として微生物を利用して
       発酵することで作られます。
       エビ・カニにアレルギーがある人用です。

2)コンドロイチン
  ・主に、サメ軟骨から作られます。マルハニチロなどの、
   原料メーカーが作ったコンドロイチンを使うメーカーが多いみたいです。

3)サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・U型コラーゲン含有)
  ・特に、抽出をしないで、粉末を原料としているサプリメントも存在します。

4)コラーゲン(ゼラチン由来)
  ・一般的なコラーゲンです。

5)コラーゲンペプチド
  ・コラーゲン(ゼラチン由来)の分子を小さく分解し、
   吸収されやすくしたものだそうです。

6)ヒアルロン酸
  ・保湿効果があり、関節の軟骨への潤滑を期待しているのでしょうが、
   経口摂取では、効果は無いと考えます。
   医療用では、直接患部に注射する方法が取られています。

7)MSM(メチルスルフォニルメタン)
  ・抗炎症作用や血管拡張作用、筋弛緩作用などがあると考えられています。

8)プロテオグリカン
  ・結局は、たんぱく質なので、そのまま吸収されることは無いと考えます。

9)ビタミンD
  ・カルシウムの吸収を補助する働きがあります。

10)ビタミンC
  ・疲労回復、抗酸化作用があります。

11)ケルセチン配糖体
  ・血流改善効果があるとされる抗酸化物質で、
   トクホのお茶にも配合されています。

12)イミダゾールペプチド
  ・疲労回復に効果があるそうです。

13)デビルズクローエキス
  ・南アフリカや東アフリカに生育しているゴマ科多年草から
   抽出したエキスです。
   民間 薬として使われてきたもので、
   痛みや炎症を軽減する効果があるそうです。

14)結晶セルロース
  ・人畜無害の乳化安定剤、調整剤 として使われる成分です。
   消化吸収されないため、ダイエット食品としても使用されています。

15)ステアリン酸カルシウム
  ・食品添加物として認められている成分です。
   成分を混ざりやすくする働きがあります。

16)ボスウェリア抽出物
  ・カンラン科 ボスウェリア属の植物から抽出した成分で、
   関節痛の 症状緩和等に効果があるそうです。

17)生姜末
  ・殺菌効果、解熱効果だけでなく、抗炎症効果もあるそうです。


<各サプリメントです>

@サントリー ロコモア

A世田谷自然食品 グルコサミン+コンドロイチン

B小林製薬 グルコサミン&コラーゲンセット

Cキューサイ グルコサミンZ

D大正製薬 大正グルコサミン

EAsahi グルコサミンEX

Fワカサプリ 発酵グルコサミン&ボスウェリアセラータ

G野口医学研究所 コンドロイチン&グルコサミン

HDoctor's Choice ドクターズチョイス N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン


※各商品の評価は、控えさせていただきます。


3)プロテオグリカン


  ・補助的な素材で、
   プロテオグリカンを主体としたサプリメントはありませんでした。
   したがって、商品は省略いたします。


       だ〜れも知らない情報商材の世界♪


コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミン記事一覧

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンの評価

コンドロイチン、プロテオグリカン、グルコサミンを調べた結論です  ・主に、膝関節に効果があると言われてるサプリメントです。  ・色々と調べましたが、「軟骨成分を増やす」効果...

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠

ゼリア新薬 コンドロイチンZS錠  コンドロイチンについて、かなり悪い評価をしてきましたが、それは売り方に疑問を持ったためで、正しく使用すれば、かな...